渋谷区代々木のスポーツ専門 地爪ケアクリニックサロン

Blog

足の爪の欠けお助けします!代々木駅徒歩3分☆地爪ケアクリニックサロン

2020.3.8  フット  欠け長さ出し
こんにちは!



代々木の地爪ケアクリニックサロンの平林です。



今日は先日のブログでもお話ししていた欠けた足爪の長さ出しについてご紹介します☆





メニュー名では足爪ベーシックのオプション『足爪欠け長さ出し』というメニューになります。

このメニューでは、欠損した爪の部分にジェル(ゲル状の樹脂)で義爪を作り、パフォーマンスを整えます。





爪が欠けていると、うまく踏み込めない・・・欠けていない反対側の角に負荷がかかり痛みが生じる・・・など様々な弊害が生まれてきます。



私の爪も欠けてしまい、右の先端だけ爪がない状態になっていました(>_<)







そして、爪がないまま放置してしまうと、爪がない皮膚の部分がだんだん硬くなっていき、爪の代わりをしようとします。



あら、皮膚が爪の代わりになってくれるなんて優秀!



・・・では、ダメなんです!!!



皮膚が硬くなってしまうと、生えてきた爪に硬い皮膚が当たり、綺麗な爪が生えにくくなる原因となってしまうのです・・・



爪のお肉についている部分が短くなると、爪の力が伝わりにくくなったり、そこからまた折れてしまいさらに短くなってしまうこともあります。

そのため、補強をしておくことをオススメします!





では、なぜ指の先端まで爪がないといけないのでしょうか?



まず、人の指先には先端まで骨がありません。爪の真ん中くらいまでしか骨がないのです。

爪は、指の腹から伝わった力が爪に伝わり、爪がその力を受けて跳ね返す事によって力を発揮します。

そのため、爪が指先まで覆う事によって、小さな物をつまむ、物を持つことができるのです。



これを爪圧(そうあつ)といい、指の腹に加わった力を爪が受け止め力を発揮してくれます。

そのため、爪がないとうまく踏み込めない、うまく蹴り出せない、また、痛みが生じる原因になってしまいます。



しっかり爪圧がかかる事によって、踏み込む、蹴り出す、身体を支え安定させることができパフォーマンスアップに繋がります!





地爪ケアクリニックサロンでは、欠損した爪の部分にジェル(ゲル状の樹脂)で義爪を作り先端に長さを足します。

先端の半透明になっている場所が義爪を作ったところです。







先端から見るとこのようなかたちです。





ほぼ自爪と同じ厚みですね!

そのため、違和感はほとんどで感じないです(^^)





この後、長さを整えて・・・







最後にエッセンスとオイルをつけて仕上がりました!



指先まで爪がある状態だと安心感が違いますね☆

思わずサロン内でぴょんぴょん跳ねてしまいました!



欠けてしまった後でも定期的にメンテナンスをすることでキレイなお爪が生えてきやすくなります!



なお、出血がある際は施術が出来ません。

出血が落ち着いた頃、ご予約をお取りください。



また、オフ(お取り外し)には専用のリムーバーなどが必要になってきます。

そのため、サロンでのオフをオススメしております。

ぜひ、オフと共にメンテナンスのご来店してみてくださいね(^^)



継続的にケアを続けてメンテナンスをしていく事により、割れにくく健康的な爪を育てることが出来ますよ♪



皆さまのご来店心よりお待ちしております!

スポーツ専門 地爪ケアクリニックサロン

東京都渋谷区千駄ヶ谷5-16-10 代々木エアハイツ2階 (ファミリーマートの真上) [ MAP ]